おできの困ったを解決

おできの予防

細菌や真菌、ウィルスや化学薬品が皮膚に刺激を与える事によっておできができることがほとんどなのですが、大抵の場合は連鎖球菌やブドウ球菌が原因となっている場合がほとんどです。
これらの球菌は極めて悪質なように思えますが、実は人の肌にもともと存在するものなのです。

 

特に、免疫システムが低下している人や肥満の人、不衛生な人、糖尿病患者、汗を多くかく人、キツい衣服を着ている人に連鎖球菌やブドウ球菌が多く見られるという特徴があります。化膿してしまった傷やおできにはかなりの数の菌が存在します。ですから、おできを作らないためには、なるべくダイエットをして体を軽くし、いつも清潔でいることを心がけ、ゆったりとした服を着るようにすると良いでしょう。こうすることで、おできができにくくなりますし、例えできたとしても、以前よりもはるかに回数が少なくなると思います。

 

また、肌に対して刺激を与えてしまうようなものは取り除く必要があるでしょう。

局所用の軟膏

おできの治療の為に、硫酸マグネシウムなどの局所用の乾燥剤やムピロシンなどの抗生物質、過酸化ベンゾイルなどの消毒薬が使われることがあります。
一般的には、最初におできの治療薬として使われるのはシクロスポリンやペニシリンになるでしょう。
単純ヘルペスウィルスを原因としたおできの場合には、アシクロビルが用いられます。
もし、感染した原因が真菌の場合には、局所用抗真菌薬でおできの治療をすることになるでしょう。