おできの困ったを解決

おできの困ったを解決

おできと言えば、単なる出来物だと捉えている人が多いと思いますが、具体的にはおできというのは、細菌が毛包に感染し発症する炎症性の病気です。おできができてすぐの内は、とにかく痛みを感じ、患部は少し赤くなっているくらいですが、次第に腫れが目立つようになり、皮膚の下に膿が溜まる事で段々かたくなって先端が黄色くなっていきます。少し触れるだけで強い痛みを感じることが多いでしょう。

 

一般的には顔や背中、首や腋の下、脚の付け根の部分などにできることが多いのですが、人目に触れる部分にできてしまうととても辛いと思います。中にはにきびができていた部分に細菌が侵入し、おできになってしまうこともありますし、何度も繰り返しおできができる人もいます。

 

おできができている人の側にいるとすぐに感染しますから、なるべく接触しないように気をつけましょう。

 

おできは膿が出て来るまで特に何もしなくても放置することができるのですが、あまりにも痛みが強く、大きいおできの場合には切開が必要となることもあります。また、抗生剤が出されることもあります。おできは患部から膿が排出され、芯がなくなれば自然と元の状態に戻ります。

 

主な症状と特徴としては、患部がとても痛み、かたくて発熱を伴うこともあります。便秘になったり疲労感を覚えることもあるでしょう。一般的にはおできは特に対処したりせず、放置することで自然に治るのを待つ事が良いのですが、感染を防ぐ方法もあります。